毒素(Toxins)

Ea Tulin
東京都府中市
89.1×42 cm

レクチンとは、マウス脳凍結組織切片の染色によって産出されるコレラ毒素(CTBレクチン)のこと。成体マウスの脳をコレラ毒素Bサブユニット(0.1%PBS-Tで1:100希釈)で染色し、ライカDM1 AF6000Bを使用して観察した。緑色の点は、CTBレクチンによって認識される糖脂質を含む細胞である。糖脂質は糖鎖が付いた脂質であり、細胞膜に存在し、毒素の細胞内への認識は内在化に重要とされる。

作品一覧